×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームバーでカクテルを。

本格的なカクテルとホームバーを最小限の知識と出費から始めましょう!徐々に無駄なくステップアップしてカクテルの幅を広げ、ホームバーを作るまでの方法をあなたに案内します。 ->お気に入りに追加!

スポンサーリンク

カクテルのグラス

カクテルによってグラスを使い分けます。

カクテルグラス
タンブラー
シャンパングラス
リキュールグラス
シェリーグラス
オールドファッションドグラス
コリンズグラス
ショットグラス
ゴブレット
サワーグラス

画像をクリックすると、商品の詳細・購入ページに移動します。

カクテルグラス

容量は90mlが標準サイズで、これに60ml分の材料でつくったカクテルを注ぐとちょうど適量となる。主にショートカクテル用で、脚付きでラッパ状なのは、グラスを傾けなくても飲めるため。
また、底が丸みがかっているのは、甘口が、逆に角度が鋭いと、強いお酒に合うといわれます。

カクテルグラスの詳細を見る・購入する

タンブラー

10オンス(300ml)が標準。昔は底が丸いか尖っていて、立てると倒れることから、「タンブラー」(倒れるもの)で呼ばれるようになりました。ハイボール、ジントニックなどのロングドリンクや、家庭でジュースを飲むときによく使われます。

タンブラーの詳細を見る・購入する

シャンパングラス

容量は120mlが標準。口の広いソーサー型と細身で背の高いフルート型があります。
フルート型は炭酸ガスがぬけにくいため、発泡性のカクテルに向いています。ソーサー型は、口径が広いため炭酸ガスがぬけやすく、乾杯のときなどによく使われます。

シャンパングラスの詳細を見る・購入する

リキュールグラス

容量30〜45mlが標準です。リキュールをストレートで飲むために作られたグラスです。プースカフェスタイルのカクテルに使われることもあります。

リキュールグラスの詳細を見る・購入する

シェリーグラス

容量60〜75ml。シェリーを飲むために作られたスリムなデザインの脚付きグラスです。リキュールグラスより、ひとまわり大きく、スリムな形をしています。最近は、ウイスキースピリッツなどをストレートで飲む際にも使われています。

シェリーグラスの詳細を見る・購入する

オールドファッションドグラス

容量180〜300ml。昔から、酒器として使用されていたことから、オールドファッションドグラスと呼ばれるようになりました。口径が広く大きな氷でもそのままはいるので、カクテルウイスキーをオンザロックスタイルで飲むときに使用されます。通称ロックグラス。

オールドファッションドグラスの詳細を見る・購入する

コリンズグラス

容量300〜360ml。タンブラーより背が高く、口径が小さいく、炭酸ガスがぬけにくいため、コリンズスタイルのカクテルや発泡性のカクテルに向いています。
トール・グラス(トール:背の高い)、チムニー・グラス(チムニー:煙突)とも呼ばれます。

コリンズグラスの詳細を見る・購入する

ショットグラス

30ml入るシングル・グラスと、60ml入るダブル・グラスがある。ウイスキーをストレートで飲むときのグラス。ショットとは1杯を意味する。小さいとはいっても、ものによってはオールドファッションと同様の手間をかけて作られています。テキーラのショットガン飲みでも使われます。

ショットグラスの詳細を見る・購入する

ゴブレット

容量300ml程度。タンブラーに脚の付いたグラス。トロピカルカクテルのように、氷をたくさん使ったロング・ドリンクに向いています。
もともとゴブレットという言葉は、金属またはガラス製の、とってのない酒杯を意味だったそうです。

ゴブレットの詳細を見る・購入する

サワーグラス

容量120mlが標準。主にサワースタイルのロングカクテルに用いられます。日本では脚付きのものがほとんどですが、外国では平底のものも使われます。

サワーグラスの詳細を見る・購入する