×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホームバーでカクテルを。

本格的なカクテルとホームバーを最小限の知識と出費から始めましょう!徐々に無駄なくステップアップしてカクテルの幅を広げ、ホームバーを作るまでの方法をあなたに案内します。 ->お気に入りに追加!

スポンサーリンク

HOME > カクテルの知識 > 製法(シェーク・ステア・ビルド)について

シェイク

材料をシェーカーに入れて混ぜ合わせる、カクテルの製法のひとつ。シェーカーという器に、氷とお酒を入れて、振ります。

これは、混ざりにくいお酒を氷で急激に冷やして、かつ急激に混ぜることで、混ざりやすくするためです。アルコールのきついお酒のかどをとる効果もあります。

製氷機が発明されたのが近代なので、この発明を受けて、急激に発達した製法です。

シェークに必要な器材

1.シェーカー
材料と氷を入れる部分の「ボディ」、「ストレイナー」と呼ばれる、お酒をそそぐときに氷が出ないように小さな穴のあいている中蓋、キャップ部分の「トップ」という、3つの部品から構成されます。
2.メジャーカップ
材料の分量を量る器材。口が両端に二つあり、30mlと45mlを計量するサイズが一般的です。

手順

1.メジャーカップで、レシピどおりに分量を量り、シェーカーのボディに材料を入れます。材料を入れたら、氷をシェーカーの8分目ぐらいまで入れます。

2.次にストレーナーとトップをかぶせます。シェークをしている最中に外れないように、しっかりと装着してください。このとき、ストレーナーとトップを同時にかぶせてしまうと、シェーカーを振っている最中にトップがはずれる危険があるので、必ずストレーナーの次に、トップを装着してください。

3.シェーカーを振るときには、横から見て、「8の字」になるように振るのが基本的なやり方です。15〜20回程度振るのが標準的です。ただ、卵など、混ざりにくい材料を使っている場合は、この2倍程度、シェーカーを振ります。

4.シェーカーのトップだけをはずし、グラスに注ぎます。グラスの壁をつたわせて、静かに流し込むように注いでください。

シェーカーの持ち方
シェーカーを持つ手の親指でトップを、 小指でボディの底を押さえるように持ち、残った指でシェーカー全体を支えます。このとき、シェーカーに手のひらを付けると体温で氷が溶けてしまうので、ご注意を。もう片方の手は、添えるだけというのが基本です。


ページTOPへ->

他の製法も見てみる

シェイクで作るカクテル

■ベース別
ジン ウィスキー テキーラ ウォッカ
リキュール ブランデー ラム ノンアルコール

■シェークで作るカクテル(抜粋)
バラライカ 雪国 カミカゼ
コスモポリタン ガルフストリーム チチ
バーバラ ホワイトルシアン コザック
ホワイトレディー ピンクレディ ギムレット

シンガポールスリング アラウンドザワールド ブルームーン
青いサンゴ礁 アラスカ ブロンクス
ルシアン オレンジブロッサム マルガリータ
マタドール ミドリ・マルガリータ モッキンバード

メキシカン XYZ スカイダイビング
ダイキリ マイタイ ブルーハワイ
ミリオネア エル・プレジデンテ ビトウィーン・ザ・シーツ
ピニャカラーダ ハバナビーチ バカルディ

ゾンビ ニューヨーク アルゴンキン
テキサスローズ コモドール アメリカンビューティ
スコーピオン サイドカー チェリーブロッサム
アレキサンダー スティンガー アプリコット・クーラー

カクテルの知識 目次